投資によって収入を得ることは期待に胸が膨らむことですが、常にリスクが付きまとっていることを忘れてはいけません。投資をするにあたって必要な知識は身に着けておきましょう。

投資に失敗

投資をするときに必ず知っておきたい知識としては、それがどの程度のリスクがあるものなのかということをしっかり頭に叩き込んでおくことになります。
投資というのはどのようなものを選ぶにしても、リスクがあるので最悪の事態が起こった時にどうなるのかということを覚えておく必要があります。
例えば銀行預金なども一種の投資といえますが、これは1000万円までは元本が保証されていますから普通の人にとってはほぼリスクがないものとなっています。

しかし、万が一銀行が破綻した場合預金が保護されているといってもすぐに降ろせるとは限りませんから、元本が保証されているからといって全くのノーリスクというわけではありません。
株のような元本が保証されていない金融商品に投資をするのであれば、よりシビアに考える必要があり最悪の事態が起こったらどうなるのかを知っておかなければなりません。
現物取引に限定をすれば最悪の事態というのは企業が倒産や上場廃止となって、株券が紙くずになってしまうことでその企業に投資した金額を全て失ってしまうことになります。

逆に投資した金額以上は損をすることはありませんから、借金になるということもありません。
ところが信用取引の場合には資金の三倍の株の売買をすることができるので、余力の限り株を買っていて倒産などということになったら借金を背負っ てしまう恐れがあります。
もうひとつ信用取引では空売りというができますが、株価の下落は0円までしかありません。

しかし、上昇は青天井となっていますから空売りをした後になにか大きな材料などが出た場合、返済をしようにも売り手が見つからずに計算出来ないほどに損失が膨らんでしまうということがあります。
一度の失敗で破産をしてしまうぐらいのリスクが有ります。
このような最悪の事態が起こった時のことを知らなければ大変なことになるので、リスクについてはしっかり知っておく必要があるのです。
特に仕手株には要注意です。