投資によって収入を得ることは期待に胸が膨らむことですが、常にリスクが付きまとっていることを忘れてはいけません。投資をするにあたって必要な知識は身に着けておきましょう。

投資に失敗

投資で儲けた利益にも税金はかかる?

投資で儲けたお金には当然税金は発生しますが、株などの場合には分離課税を選択することができるようになっていて利益の20パーセントで済みます。
20パーセントも取られてしまうのかと思う人もいるかも知れませんが、稼ぐことができる人にとってはこれは非常に利点の多いものであります。
普通は日本の税金の仕組みとして稼いだ人はより多く税金を支払わされることになる、累進課税となっていますから1億円も稼いでいる人は半分近い金額を税金として取られてしまうことになります。

しかし、株の場合には20パーセントで済みますから3000万近くも税金が安く済むものとなっています。
利益が出たら確定申告をして納税をしなければならないのですが、株には特定口座というものがありこれは証券会社が源泉徴収をして代わりに納税を行ってくれるので自ら申告をする必要はありません。
そのため、面倒な手間もかからないので特定口座の源泉徴収を有りにしておけば納税のことについて、余計なことで悩むことはないのです。

基本的には確定申告はしなくても良いのですが、損失が出た場合にはその損失を繰り越すことができるので確定申告をした方が得をすることができます。
つまり、翌年度以降に利益が出た場合損失分を納税しなくても済むので、継続的に投資をしていく場合には損失が出た時には確定申告をしておいたほうが良いといえます。
株のように源泉徴収をしてくれる仕組みがあるものは良いのですが、そうでないものに関しては税金のことを知らないと気づかずに脱税をしていたということにもつながりかねないのでよく知っておくことが大切です。
投資の利益であっても納税は国民の義務なので、税金は発生するのです。